食品の偽装を防ぐことができるはずです。

近年食品の偽装問題がメディアで大きく取り上げられることがよくあります。
賞味期限切れの肉を材料として使っていたり、産地を偽装した食材を料理に使っていたり、異物の混入した食品をそのまま出荷したり、と明らかなヒューマンエラーと言われる偽装があちらこちらで発覚しています。
また、どこかの企業で問題が発覚したら別の企業でも発覚するという事態がいたるところで起こっているのです。
発覚した事実は、氷山の一角に過ぎないように感じます。
その偽装問題の背景には、消費者の目に見えない利益という問題があると思います。
景気が良くなった、経済は上向きだと言われていますが、統合する企業はあります。
倒産する企業もあります。
利益を受け取る企業は、大企業ばかりで、中小企業の苦しさは変わっていないのです。
だから、大企業から仕事を請け負った中小企業は偽装するしかないのです。
偽装することで利益を得るしかないという悲しい結果がこの問題を起こしたのです。
私達は、誰もが平等に利益を上げることが出来る関係を考えなければならないのです。

Copyright(c) 食 偽装問題 All Rights Reserved.