食品偽装問題の見分け方

一口に食品偽装問題といっても、産地偽装とか原材料の偽装、あるいは消費期限の偽装というような種類に分かれます。
産地偽装の代表的なものは、国産だと思って安心していたら外国産のものだった、というようなケースです。
また、原材料の偽装については、豚肉だと思っていたら鶏肉などがまじっていた、などというケースです。
消費期限の偽装は、意図的に食べられる期限を延ばして表示するというものです。
このような偽装を個人が見分けるのはたいへん難しく、問題になったときにはマスコミなどで大きく取り上げられることになります。
偽装問題の大部分は、内部の人の告発によって明るみに出ます。
不正を起こすような体質の企業の食品は買わないことでしょう。
新鮮な素材を消費者に提供することにこだわりを持つ、良心的な企業の商品を購入することです。
名の知れた企業や高級な料理を扱っているホテルやレストランなどでも偽装問題は起こっていますから、気を抜かないことが大事です。

Copyright(c) 食 偽装問題 All Rights Reserved.